本日、朝のワイドショーニュースなどで

国立がん研究センターが、AYA世代のガン患者数の

統計を発表したと報道されていました。

 

kyou★~★みらいふブログをよろしくお願いします★~★

メインブログ(毎週水曜日更新:担当 奥村)

http://k-milife.net/blog

社長ブログ(営業日 毎日更新:担当 梅田)

http://k-milife.net/ceoblog

スタッフブログ(月・水・金 更新)

http://k-milife.net/staffblog

★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★

 

そもそも、

AYA世代って。。。。何なのでしょうか?

 

 

AYA世代とは、がん医療において用いられる言葉で

adolescent and young adult の略で

思春期・若年成人(おおむね15歳~39歳)の年代のこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「小児がん」と「成人がん」との間にあたる

AYA世代のがん患者の数は少なく、最適な治療法が確立されていないため

国立がん研究センターが、2009年~2011年で地域がん登録に参加した

27府県のデータをもとに、がん患者数を推計したところ

年間で2万1400人にのぼることが分かったと発表されました。

 

 

15歳~19歳は白血病、20代は精巣がん・卵巣がん、30代は乳がんが

最も多いとのこと。。。

 

 

がん対策の遅れが指摘されているAYA世代、

国立がん研究センターは、今回の推計は対策のベースになると発表されています。

 

がん対策は日々、進化しています。一人でも多くの方の命が助かるといいですね。