日銀が、デフレ脱却に向けて異例のマイナス金利政策を導入してから1年余り。。。

この政策により、世の中の金利が大幅に低下し住宅ローンの借り換えが活発になってきています。

超低金利時代なら、「固定金利の方が得では?」

そんな質問をよく皆さまからいただきます。

今日は、みらいふが取次している、フラット35(固定金利)についてご紹介いたします。

 

★~★~★みらいふブログをよろしくお願いします★~★

 メインブログ(毎週水曜日更新:担当 奥村)

   →http://k-milife.net/blog

 社長ブログ(営業日 毎日更新:担当 梅田)

   →http://k-milife.net/ceoblog

 スタッフブログ(月・水・金 更新)

   →http://k-milife.net/staffblog

★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~

 

フラット35(固定金利)の借入利率はどれくらい?

<平成29年6月融資実行金利>

返済期間15年~20年  年率1.01%

返済期間21年~35年  年率1.09%

別途、下記の手数料が必要となります。

*融資手数料    融資額の2.0%(税別)

*最低融資手数料  100,000円(税別)

保証料不要・団体信用生命保険別・全期間固定金利

 

 

フラット35 借り換え融資5つのポイント

①業界最低水準の金利なのでお得

②ずっと金利が変わらないので安心

③保証料・保証人・繰り上げ返済手数料が不要

④ご返済口座が自由に選べるので便利

⑤融資手数料や登記手数料の諸費用も融資対象となります

 

申込人の要件

①申込時年齢70歳未満で、完済時年齢が満80歳未満の方

②安定した収入がある方

③日本国籍を有する方または永住権許可等を受けている外国人の方

④当初借入から1年以上を経過しており、かつ正常に返済をしている方

 

収入の要件・借入額

前税込年収に占めるこの住宅ローンを含めた全ての借入金額の年間返済額の割合が

以下の基準であること(収入を合算することもできます)

○年収400万未満   基準=30%

○年収400万以上   基準=35%

借入額 → 100万円以上8000万円以内(1万円単位)

 

 

現在の変動金利の利率は?

現在、京都の大手地方銀行等の住宅ローンの変動金利は0.75%前後となっています。

今後、金利が上昇していくと考えるなら、全期間固定金利のフラット35(1.01%~1.09%)がお得かも?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何年も前に変動金利で借り入れされている方であれば、金利2%を超えておられる方が意外と多く見受けられます。

このような方であれば、全期間固定のフラット35に借り換えられた方が断然お得かもしれませんね。

ただし、借り換えの場合は登記費用などが別途発生しますので、その費用を加味してもメリットがあるかのか

慎重に判断する必要があります。

ちょっと、見直してみようかな?と思われる方は、お気軽にみらいふへご相談くださいね。

みらいふの住宅ローンアドバイザーが、一緒に相談させていただきます。