いよいよ今年も残すところ

あと僅か・・・

ハンドルを握られるドライバーのみなさん、

イライラ運転は禁物ですよ~

 

★~★みらいふブログをよろしくお願いします★~★

 メインブログ(毎週水曜日更新:担当 奥村)

   →http://k-milife.net/blog

 社長ブログ(営業日 毎日更新:担当 梅田)

   →http://k-milife.net/ceoblog

 スタッフブログ(月・水・金 更新)

   →http://k-milife.net/staffblog

★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~

 

年末押し詰まってくると、

ドライバーの皆さんのイライラ運転が

ちょっとした事故を引き起こしやすくなる時期です。

年末だからこそ、イライラせずに

余裕をもった運転を心掛けてくださいね。

 

 

%e4%ba%a4%e9%80%9a%e4%ba%8b%e6%95%85%e3%80%80%e8%ad%a6%e5%af%9f%e5%b1%8a%e3%81%91

 

 

 

 

 

事故の相手がこんなことを言ったらあなたはどうされますか?

 

① 急いで配達しなければならないので、今は警察を呼んでいる時間はない!

② 駐車場内の事故だから、警察は呼ばなくても大丈夫!

 

いかがですか?

2つとも、いかにもありそうな事例です。

 

警察の事故届けがないと自動車保険は請求出来ない?

 

これも、よく皆さまからいただく質問です。

 

答えは、

 

警察の届けがなくても、自動車保険金は請求できます。

届けがなくても、保険金請求は出来るのですが、

届がない場合、以下のようなトラブルが起こってしまいます。

 

①警察を呼ばずに、名刺交換を行って、事故現場を離れた場合

→ あとから、連絡すると「そんな事故は知らない」とシラを切られた。

 

②「ちょっと、今は急いでるから・・・15分ほどしたら戻ってくる」と言って、そのまま事故現場を離れた場合

→ 15分ほど経過しても、相手は戻ってこず。。。そして翌日、警察から当て逃げ被害の届けがでていると連絡が入る。

 

 

 

いかがですか。。。

事故の相手が、その場で警察を呼ばないのには

こんな理由が考えられます。

 

・免許不携帯であった。

・免許停止中であった。

・飲酒運転していた。  などなど

 

 

事故を起こした時は、気が立っていたり動揺したりしてしまいがちですが、

落ち着いて考えると、色んな理由が思い浮かぶものです。

 

 

そもそも、

「事故を起こしたら警察へ!」

というのは、ドライバーに課せられた義務であることを

忘れないでくださいね。

 

事故の相手が現場を立ち去っても、

警察を呼び、ありのままの事実をしっかりと伝えることで

後のトラブルを防ぐ事が出来ますよ!

警察への届け出、お忘れなく。。。