アメリカの大統領選挙は劇的でした。

トランプ氏が大統領になることで、

日本にどのような影響を与えるのか、少し心配な感じがします。

 

朝晩が、一気に冷え込んできました。。。

みなさん、体調管理には気をつけて!

 

★~★みらいふブログをよろしくお願いします★~★

 メインブログ(毎週水曜日更新:担当 奥村)

   →http://k-milife.net/blog

 社長ブログ(営業日 毎日更新:担当 梅田)

   →http://k-milife.net/ceoblog

 スタッフブログ(月・水・金 更新)

   →http://k-milife.net/staffblog

★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~

 

「相続トラブルって、お金持ちの家庭にしか起こらない!」

って考えておられませんか?

最近、裁判所に持ち込まれる遺産分割事件で

興味深いデータがあります。

 

遺産額5000万以下の訴訟件数が急増、遺産額5000万以上は減少!

 

平成13年度と平成23年度に裁判所に持ち込まれた遺産分割事件の件数を比べると

少ない遺産額でのトラブルが急増しています。

 

○ 遺産額5000万以下

平成13年度 3778件  →  平成23年度 6063件

○ 遺産額5000万以上

平成13年度 1815件  →  平成23年度 1525件

 

「どうせ我が家には、たいした遺産なんてないから相続トラブルなんて関係ないよ!」

と考えておられる方、本当に大丈夫ですか?

 

起こりやすいトラブル事例

 

例えば、親が亡くなり相続が発生、親の遺産は自宅不動産1500万のみ、

子供3人で相続するとします。

 

親と同居していた長男は、引き続き自宅に住み続けようとする場合

残りの兄弟2人から、

「法定相続分、1500万の1/3の500万円を受け取る権利があるはず!

兄貴から、500万円貰えなければ、自宅を売却して1/3づつに分けよう」

 

兄弟仲が悪かったりすると法定相続分を主張されてきます。。。

 

対策法は代償分割、生命保険加入が最も有効?

 

上記事例のようなトラブルケースは、非常に多いものです。

では、このような場合はどうすればよいのでしょうか?

長男が自宅不動産を相続する場合、長男から残りの兄弟2人に対し

現金を渡すことで解決できます。

法定相続分通りでいくと、長男から残りの兄弟それぞれに500万円を支払ことになりますが

現金は、流動性が高いので一般的には500万円以下の金額で協議されています。

 

残りの兄弟に対して、ある程度見合った現金を払わなければならない事は理解できても、

「そんな大金、持ってないから払えない!」という方が多くおられます。

そんな方は、生命保険加入が必要となります。

親が亡くなった時、長男が保険金を受け取ることで残りの兄弟2人に現金を支払うことが出来ます。

 

 

%e7%9b%b8%e7%b6%9a%e5%95%8f%e9%a1%8c

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

兄弟が仲良くて、長男が自宅不動産を相続されることに、残りの兄弟が合意されれば

何も問題ないのですが、兄弟が自分の権利(法定相続分)を主張してきそうかな?と思われる方は

生命保険加入などの対策を考えておく必要がありますね。