巨大台風18号は、5日夜に佐渡沖で温帯低気圧に変わりましたが

各地で被害が出ているようです。

台風通過後も、しばらくは暴風や高波には十分気をつけてくださいね。

 

★~★みらいふブログをよろしくお願いします★~★

 メインブログ(毎週水曜日更新:担当 奥村)

   →http://k-milife.net/blog

 社長ブログ(営業日 毎日更新:担当 梅田)

   →http://k-milife.net/ceoblog

 スタッフブログ(月・水・金 更新)

   →http://k-milife.net/staffblog

★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~

 

さて、この時期になると各保険会社より

生命保険料控除証明書が皆さまのお手元に送付されてまいります。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の場合ですと、

10月上旬頃から順次、皆さまのお手元に控除証明書が送付されます。

申告のときに、「あっ、証明書がない!」なんて慌てないように

大切に保管しておいてくださいね。

 

 

%e6%8e%a7%e9%99%a4%e8%a8%bc%e6%98%8e%e6%9b%b8

 

 

 

 

 

そもそも、控除証明書って?

確定申告や年末調整をする際、納税者が支払った年金や保険料などを

控除申告することで、所得税・住民税を少なくするために必要な証明書です。

申告の際には、必ず証明書の添付が必要となります。

 

保険料控除の種類について

■生命保険料控除   最大控除額=12万円

・一般生命保険料控除  4万円

・介護医療保険料控除  4万円

・個人年金保険料控除  4万円

上記は平成24年1月に改正された新制度の生命保険料控除です。

改正前に契約されている生命保険契約は、旧制度のものが適用されます。

契約時期によっては、新旧2種類の制度で申告致します。

 

■地震保険料控除   最大控除額=5万円

1年間の地震保険料が、所得税は5万円まで、住民税は2万5000円までが

控除対象となります。長期一括払で契約されている方は、1年分に換算されます・

*「損害保険料控除」は、平成18年から廃止されています。

 

その他のおもな控除の種類

■社会保険料控除

国民健康保険や国民年金料支払で受けることが出来る控除。

日本年金機構が控除証明書を発行します。

■小規模企業共済等掛金控除

小規模企業共済法に規定された共済契約が対象。小規模企業共済を運営している

独立行政法人中小企業基盤整備機構が証明書を発行します。

■その他、医療費控除・寄付金控除・雑損控除などがあります。

 

控除証明書をなくしてしまったら?

 

控除証明書の多くは、10月~11月に発行され、皆さまのお手元に送付されます。

大切な控除証明書、年末調整または確定申告の時期に、

「紛失してしまった!」って方は、どうすればよいでしょうか?

 

ご安心ください、証明書の多くは再発行することが出来ますので

それぞれの窓口で申請してください。

 

但し、再発行には時間がかかるケースがあります。

「今日、会社の総務に提出しないといけないんです!」

なんてことのないよう、ご準備はお早めに・・・