平成28年7月31日、史上最強とも言われた

元横綱・千代の富士さんが都内の病院で亡くなられました。

 

千代の富士

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

亡くなられた原因は、膵臓ガン。

ガンの中でも、膵臓がんは早期発見が非常に難しく、

また進行が早いことから死亡率の高い、恐ろしい病気と言われています。

 

 

★~★みらいふブログをよろしくお願いします★~★

 メインブログ(毎週水曜日更新:担当 奥村)

   →http://k-milife.net/blog

 社長ブログ(営業日 毎日更新:担当 梅田)

   →http://k-milife.net/ceoblog

 スタッフブログ(月・水・金 更新)

   →http://k-milife.net/staffblog

★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~

 

膵臓がんは、発見されにくい?

 

膵臓がんは、早期の段階では特徴的な症状がありません。

膵臓がん患者の方に、最初に受診された時の症状を伺ってみると

① 胃のあたりや背中が重苦しい。

② なんとなくお腹の調子が悪く食欲がない。

③ 体重が減った。

というような、漠然とした症状が多いようです。

 

また、おなかの深い場所にある膵臓は、

胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆のう等の

後ろに隠れていること、さらに血液検査でも発見されにくいため、

早期発見が難しいようです。

 

膵臓がんを引き起こす危険因子は?

 

膵臓がんを起こす危険因子としては、

糖尿病・慢性膵炎・喫煙 などがあげられます。

なかでも、喫煙 は確率された危険因子と言われています。

愛煙家の皆さまは、自身の健康のために

今一度、禁煙 を考えてみては・・・?

 

四次元ピンポイント照射って、どんな治療方法?

 

ガンの治療法といえば、手術・投薬・放射線 の3つの治療方法があげられます。

今回、千代の富士さんが選択されたのは、「四次元ピンポイント照射」という放射線治療。

放射線治療は放射線によって、がん細胞を照射する治療法です。

従来の放射線治療では、ガン細胞だけを照射する事が出来ず、

周辺の一部の正常細胞まで照射されてしまうため、副作用が発生し

体への負担が大きくなっていました。

しかし、四次元ピンポイント照射では、がん細胞だけをピンポイントで

照射することが出来るので、体への負担はほとんどありません。

 

 

以前、ガン細胞が全身に転移された樹木希林さんが、

この四次元ピンポイント照射治療を受けておられます。

悪いガン細胞だけをピンポイントで照射することが出来ますので

全身転移などによって、手術できない状態であっても有効な治療法です。

 

 

最先端の素晴らしい治療法なのですが、

残念ながら健康保険扱とはなりませんので、

150万円~300万円程度の費用が必要となります。

 

 

従来の副作用が発生する治療のことを考えると

決して安くはありませんが、

体に負担の少ない治療法であれば、

受けられるように備えておきたいものですね。

 

今は、良い治療方法を選択できる時代です。

これらに備えるためには、

高額な先進医療に対応できる保険が必要なのでは?

今一度、加入されている生命保険が

先進医療に対応出来ているか確認してみてくださいね。