コンビニエンスストアの駐車場での事故、結構増えてきています。

お昼休み時間は駐車場が満車になり、道路脇や駐車場内通路で

駐車場が空くのを待っておられますよね。

駐車場内なので、決してスピードが出ていませんから大きな事故とは

なりませんが、駐車場内での事故での過失割合に考え方に驚くことがあります。

 

★~★みらいふブログをよろしくお願いします★~★

 メインブログ(毎週水曜日更新:担当 奥村)

   →http://k-milife.net/blog

 社長ブログ(営業日 毎日更新:担当 梅田)

   →http://k-milife.net/ceoblog

 スタッフブログ(月・水・金 更新)

   →http://k-milife.net/staffblog

★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★

 

駐車場内での事故の過失割合の考え方

一般道路であれば、左方優先など道交法に基づいた考え方があり

基本の過失割合が決まっていくものです。

 

ところが、駐車場内での事故の場合ですと

この道交法の考え方は全く適用されないため

以外な結果となることがあります。

 

「私が止まってたところに相手がバックして衝突してきたのに。。。」

「なんで、私に過失があるの?」

 

 

確かに、停車しているところに、相手が当たってくれば

誰しもが、100:0と思いますよね。

 

ところが、先ほども申し上げた通り、駐車場敷地内には

道交法の考え方は適用されないため、

よほどの事情がない限り、基本、双方に過失あるという考え方で

処理されます。

 

交通事故

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、駐車場内では、そもそも車両を駐車することが目的であるため

入出庫する車両を優先させるという考え方もあるくらいです。

ですから、駐車場からバックで出ようとしている車両に当てられた場合

出庫車両が優先されるのであれば、

止まっているこちらが悪くなることがあるかもしれません。

 

ちょっと驚きですが、駐車場内に限っては以外な結果となることがあります。

駐車場内では、気を付けてくださいね!