東日本大震災から、5年を迎えようとしています。

2014年7月に地震保険が改正され、全国平均で保険料率が

15.5%アップされたにも関わらず、早くも2017年1月に再度、

地震保険が改正が予定されています。

 

 

東日本大震災

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★~★みらいふブログをよろしくお願いします★~★

 メインブログ(毎週水曜日更新:担当 奥村)

   →http://k-milife.net/blog

 社長ブログ(営業日 毎日更新:担当 梅田)

   →http://k-milife.net/ceoblog

 スタッフブログ(月・水・金 更新)

   →http://k-milife.net/staffblog

★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~

 

2017年1月の主な改定内容 保険料は全国平均で5.1%アップ!

○保険料を決める建物構造が2段階から3段階へ改定

保険料は全国平均で5.1%アップ。都道府県によっては値下げされるところもあります。

私どもの地元、京都府は若干の引き下げとなります。

○損害区分の細分化 3区分から4区分へ

地震保険の損害区分は、下記のとり「全損・半損・一部損」の3区分となっております。

現行の損害区分では半損と一部損の支払に10倍もの格差があるため、

半損に近い一部損の認定を受けられた場合、かなり不公平感があるとのことで4区分に細分化されます。

<現行の損害区分と支払保険金>           <改定後の損害区分と支払保険金>

全損の場合  地震保険金額の100%        全損の場合  地震保険金額の100%

半損の場合  地震保険金額の50%       大半損の場合 地震保険金額の60%

一部損の場合 地震保険金額の5%          小半損の場合 地震保険金額の30%

****** *********          一部損の場合 地震保険金額の5%

 

地震保険改定に伴うワンポイントアドバイス!

前述でも申し上げたとおり、全国平均で5.1%の保険料アップとなります。

地震保険料が引き上げとなる方は、2017年1月に改定が実施されるのであれば、

見直すタイミングは、改正実施前の2016年12月です。地震保険料がアップする前に

既加入保険を一旦清算し、5年の長期一括契約に変更されますと、5年間値上げを回避することが出来ます。

 

地震保険金は生活再生資金です。未加入の方は、この機会にぜひご検討されてみてはいかがですか?