先週のブログ。。。

体調不良のためアップ出来ず、申し訳ございませんでした。

また、今週からアップしていきますので、よろしくお願いいたします。

 

2gatu ★~★みらいふブログをよろしくお願いします★~★

 メインブログ(毎週水曜日更新:担当 奥村)

   →http://k-milife.net/blog

 社長ブログ(営業日 毎日更新:担当 梅田)

   →http://k-milife.net/ceoblog

 スタッフブログ(月・水・金 更新)

   →http://k-milife.net/staffblog

★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~

2月2日午前11時45分頃、広島県の芸北国際スキー場で

スキー教室に参加していた小学校6年生の女児とスノーボードをしていた38歳の男性が

衝突する事故が発生。女児が死亡、男性が重傷を負いました。

 

スキー場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学校主催のスキー教室中での死亡事故、

授業中ということもでもありますので、学校側の管理不行き届きという点では

多少なりとも責任は問われるものと思います。

事故発生原因は?

事故現場の目撃者の証言によりますと

猛スピードで滑っていた小学校6年生女児が、

曲がってきた38歳男性の正面に入りこみ、衝突したとのこと。

相当な勢いでぶつかったようで、「ボコッ」という大きな音がしたそうです。

38歳男性が急な方向転換をされたかどうかは分かりませんが、

猛スピードで滑降してきた小学校6年生女児が避けられず衝突事故となったようです。

小学校6年生女児はアルペンスキーの小学生大会で入賞するほど

スキーが上手だったそうです。

スキーに自信があったがゆえに、ついスピードを出してしまったのでしょうか?

 

過失責任はどうなる?

今回の事故とは関係なく、一般的な過失責任の考え方は以下のとおりです。

 

過去の裁判所の判例。。。

「上方から滑降するスキーヤーは、前方(下方)のスキーヤーの動静に注意し、

そのスキーヤーと接触または衝突を回避することが出来る速度および進路で

滑走すべき注意義務を負う」とされています。

 

つまり、スキー場で衝突事故が発生した場合、上方から滑ってきた者に

過失責任が負わされるということになります。

 

もし、スキー場で衝突事故を起こしてしまったら、どんな保険で対応出来るの?

スキー場で衝突事故を起こし、相手方に大けがをさせてしまったら大変です。

こんな事故に備える保険、

それは、

 

 

個人賠償責任保険です。

 

 

最近では、自転車に備える保険として、良く知られるようになっています。

自動車保険や火災保険など、さまざまな保険に年間数千円程度で付帯できる

安心の保険です。

詳しくは、過去ブログ(2015年11月12日投稿)をご参照ください。

 

 

スキーシーズン真っただ中!

滑走される際は、下方の方には充分、気をつけて

滑ってくださいね!