記録的な寒波の影響で九州地方では水道管の破裂や漏水事故が

1200件以上発生しております。

★~★みらいふブログをよろしくお願いします★~★

 メインブログ(毎週水曜日更新:担当 奥村)

   →http://k-milife.net/blog

 社長ブログ(営業日 毎日更新:担当 梅田)

   →http://k-milife.net/ceoblog

 スタッフブログ(月・水・金 更新)

   →http://k-milife.net/staffblog

★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~

数十年に一度の大寒波の影響で、水道管の破裂や漏水により

九州地方では、なんと14万3000世帯で断水となっています。

 

九州 断水

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大規模な断水が行われているため、

九州地方ばかりがマスコミに取り上げれられていますが

水道管の破裂事故は、全国各地で発生しています。

水道管が破裂した場合、火災保険で支払いされるの?

最近の大手国内損保社の個人用火災総合保険では、

凍結による水道管修理費用を補償されるものがあります。

 

損保ジャパン日本興亜の個人用火災総合保険(THEすまいの保険)では、

保険の対象である建物の水道管が凍結によって損壊を受け

これを修理する場合の費用をお支払い出来ます。

(但し、パッキングのみに生じた損壊やマンションなどの共有部分の水道管に

かかわる修理費用は含まれません。)

お支払いする保険金は、実際にかかった費用をお支払いいたしますが

1回の事故につき10万円を限度としています。

 

個人用火災総合保険

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、当社のお客様でも、凍結による水道管破裂事故がありました。

損保ジャパン日本興亜の事故担当者に伺うと、

京都市内においても、相当な件数の事故報告が入っているそうです。

 

 

「えっ!水道管修理も火災保険で請求できるの?知らなかった!」

なんてことにならないよう、何かあれば、保険会社または代理店に相談されることを

おすすめいたします。