毎年10月はピンクリボン月間です。

ピンクリボンとは、乳がんの正しい知識を広めること、

乳がん検診そ早期受診の推進を目的として

行われる世界規模の啓発キャンペーンです。

日本国内においても、各地でピンクリボン運動が開催されています」。

 

ピンクリボン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンクリボンの由来は、さまざま。。。

 

ピンクリボンの由来の一つをご紹介しますと、

「まだ乳がんについての研究が浅かった1980年代のアメリカ合衆国の小さな町で、

乳がんで死亡した女性の母親が、この女性の娘である実孫に、

同じ悲しみを繰り返さないよう、願いを込めて手渡したものが

ピンク色のリボンであったことに端を発するとされる。この行為が乳がんの恐ろしさと、

乳がんについて知り、考えるきっかけをこの町の住民に広め、その後、草の根的な活動により

アメリカ全土はもとより、ヨーロッパ、アジアなど全世界に広まった。」

という説があります。。。

 

上記の他にも、最初は「黄色いリボン」に何らかの意味を込めて使いだしたなど、

さまざまな説があるそうです。

 

 

 

日本でのピンクリボン運動は2000年代に入ってから、多くの方に認知されるようになり

最近では、乳がん撲滅、検診の早期受診を啓蒙・推進するイベントが全国各地で

開催されるようになりました。

 

まだまだ低い、日本のガン検診率

日本の乳ガン検診の受診率は低く30%代。

「忙しい、恥ずかしい、症状がない」などの理由で、

つい後回しにしてしまう方が多いと思いますが

乳がんは、早期発見と適切な治療を受ければ

9割以上の方が治る病気と言われてます。

乳ガンは、とても恐ろしい病気です。

生死にかかわることなので、必ず検診される事をおすすめいたします。

 

 

乳がん検診にかかる費用って、どれくらい?

乳がん検診費用は、マンモグラフティや超音波エコーの検査の実施の有無、

個人検診、自治体検診によって異なります。

40際以上の女性は自治体による市区町村の検診が2年に1度実施されるので

これを利用すると0円~3000円程度で検診を受ける事が出来ます。

40歳未満の方は、自治体による費用負担が少ないため、全額自己負担になる可能性が高くなります。

全額自己負担の場合、マンモグラフティが5000円前後、超音波エコーが3500円前後

両方行う場合は、10000円前後です。これに加え、診察代等もかかるため

概ね、15000円~20000円程度となります。

 

定期的な乳ガン検診を受けることで、ガン早期発見と予防に役立てることが出来ます。

ご自身のため、ご家族のためにも、ガン検診をお忘れなく!