最近、芸能人がガンを告白するニュースを良く見かけます。

今年、5月28日に俳優の今井雅之さん(54歳)が大腸ガン、

9月19日にはNHKアナウンサーの黒木奈々さん(32歳)が胃ガンで、

9月24日には、女優の川島なお美さん(54歳)が肝内胆管ガンで他界されました。

 

また、9月23日にブログにて乳ガンを告白された北斗晶さん。

乳ガンでも最悪な右乳房全摘出手術を選択されました。

北斗晶さんのオフィシャルブログでは、手術を選択されるまでの

悲痛な思いが書かれています。

 

北斗晶さん

 

 

 

 

 

よく聞く言葉ですが、

「日本人の2人に1人がガンにかかり、3人に1人がガンで亡くなる」

他人事とは言えませんね。

今日は、ガン発症メカニズムについてご紹介致します。

 

ガン発生のメカニズムは細胞分裂するときのコピーミス!

私たちの体は約60兆個の細胞でできており、細胞は絶えず分裂することで

新しく生まれ変わっています。

細胞分裂は、細胞の設計図である遺伝子をもとにコピーされることで起こりますが

発ガン物質等の影響で遺伝子が突然変異を起こし、コピーミスが起こることがあります。

このコピーミスが、ガンの始まりです。

 

通常、コピーミスが起こっても、全てがガンになるわけではありません。

健康な人でも1日約5000個にコピーミスが起こると言われていますが

コピーミスで生まれた異常細胞は体内の免疫細胞の標的となり死滅致します。

 

ところが、免疫細胞の攻撃を逃れて生き延びる細胞が「ガン細胞」となり、

これらが10年~20年という長い年月をかけて分裂・増殖を繰り返し

ガン発病となるわけです。

 

1日5000個ものコピーミスって考えただけで恐ろしいですね。。。

体内で免疫細胞が毎日毎日5000個もの異常細胞を攻撃してくれるおかげで

健康でいわれるわけです。

 

ところが最近では、日本人も食の欧米化により知らないうちに発ガン性食物を摂取しておりますし

また、人間の体は加齢にともない、どうしても免疫力が低下していくものです。

年を取ればガン発症リスクが高くなるのは当然と言えます。

 

最新のガン発病対策は?

みらいふでは、これらの対策法の情報提供として、

10月18日(日)に「現場から伝える医療セミナー」と題して

免疫細胞治療で有名なグランソール奈良の

メディカルエージェントの戸田先生をお招きし、

分かりやすく、解説させていただきます。

是非、多くの方にご参加いただき、少しでもガン発症リスクを

抑えていただければと願っております。

 

現場から伝える医療セミナー